• English (United States)
  • 日本語

スケールアップについて

スケールアップについて

You are here:

本プロトコールでは、翻訳1反応は、110 ulですが、スケールアップが可能です。その際は、翻訳反応用試薬を同じ比率でそのまま増加させてください。

例)翻訳反応110 ulを1反応220 ulにスケールアップする場合の組成は

  • Wheat germ extract 20 ul   >>  40 ul
  • Amino acid mix 20 ul >> 40 ul
  • mRNA  70 ul >> 140 ul

なお、スケールアップすると、標的タンパク質の収率が向上する場合があります。
例) 1翻訳反応110 ulで10 ug収量の場合から、1翻訳反応550 ulとすると、標的タンパク質の収量70 ug程度と反応液容量あたりの収率が向上する

従い、標準プロトコルでの1反応のmRNA量等を調整後、更にタンパク質収量を向上させたい場合は、

  1. 翻訳反応時間を10時間から20時間程度に増加させる
  2. スケールアップ
  3. 透析法

の順にお試し頂けます。