反応液と発現量

反応液と発現量

You are here:

標準プロトコルでは、混合法での翻訳液110μℓとなり、平均的なタンパク質合成量はおよそ10μgとなります。

透析法ではさらに数倍程度多くなることが見込まれます。